12/20(水) 『インディーズ電力大忘年会 2017』( iCas/佐藤タイジ/高野哲)   NEW!!


椅子席は先着20席限定+立ち見、ご予約はお早めにどうぞ!

ACT

幹事:インディーズ電力
取締役社長 iCas/専務 佐藤タイジ/常務 高野哲

ABOUT

2017/12/20(Wed)
OPEN 19:00 / START 19:30
予約 ¥3,500(+1D)
当日 ¥3,800(+1D)

※演奏会あり
※ジャンケン大会による豪華賞品あり

RESERVED

本イベントのご予約は当店では受け付けておりません。
ご予約サイトhttps://tiget.net/events/17166にて、10月07日(土)10:00〜受付開始となります。

MORE

インディーズ電力 公式Web

佐藤タイジ 公式Web
圧倒的なカリスマ性と独自の感性を持ったギターサウンドでシアターブルックのサウンドを牽引し、作詞・作曲を担当。またJAM系、ダンスミュージックを主体とした別ユニットThe SunPauloの活動を行い、自らをROCK STARと名乗り数多くのFesやLIVE、チャートを湧かし続けてきた。

2011年3月11日震災以降は“LIVE FOR NIPPON”という復興支援イベントを毎月開催。原発問題に関しては【再生エネルギー賛成!】を姿勢をしめし、TAIJI at THE BONNET、インディーズ電力新バンドも始動させた。
「武道館規ライブをソーラーエネルギーだけで実施する成果が我々には必要だ!」という目標を掲げ、2012年12月20日THE SOLAR BUDOKANを数多くのアーティストの賛同をもらい成功させた。
2013年からは大規模な野外フェス(中津川THE SOLAR BUDOKAN)をソーラーエネルギーのみで実施し成功をおさめた。また2014年にはシアターブルックシングル『もう一度世界を変えるのさ』、インディーズ電力ファーストアルバム『はじめての感電』、2015年にはシアターブルック、メジャーデビュー20年をむかえた記念作品『LOVE CHANGES THE WORLD』をすべてソーラーエネルギーでレコーディングを実施、リリースをした。

音楽プロデューサーとしては、
CHEMISTRY、Leyona、中島美嘉、RABITT(大塚愛のバンドユニット)、豊崎愛生、マイアバルーへの楽曲提供、櫻井敦司、MCU、井手麻里子、THE King ALL STARS(加山雄三のバンドユニット)、Droogへの楽曲提供とプロデュース、清春、tobaccojuiceのプロデュースなどその数は多数。

高野哲 公式Web
1992年にヴィジュアル系ロックバンドMALICE MIZERを結成。初代ヴォーカルとなる。
音楽的方向性・活動方針の違いから、1994年12月27日に脱退。
1995年にMega 8 Ballの結成に参加。名前の表記はTETSU。1998年、活動休止となる。
1998年、ソロワークとしてnilの活動を開始した。旧友の樫本博之(B)、茂呂亨志(Ds)を迎え、3ピースバンドとなったが、11月、樫本の脱退をきっかけに活動を休止。
1998年夏、元BY-SEXUALのRYO(G)、DEN(B)、元L’Arc〜en〜CielのSAKURA(Ds)がセッションを行い始め、TETSUが加わった(ZIGZO在籍時の表記はTETSU)。1999年2月、渋谷ラ・ママで「マリス・アン・セックス」というバンド名でシークレットライブを行った後、バンド名をZIGZOと発表、7月1日日本コロムビア傘下のTRIADレーベルよりメジャーデビュー。8枚のシングル、2枚のオリジナルアルバム、1枚のベストアルバム、2本のVHSと1枚のDVDをリリースし、2002年3月16日赤坂BLITZ公演を最後に解散。
ZIGZO解散ツアー前の2002年1月、オリジナルメンバーでnilの活動を再開(これ以降、名前は本名である高野哲を用いている)。
自主レーベル“afro skull records”を立ち上げ、9月に1stアルバム“nil from hell”をリリース。2005年3月樫本、茂呂が脱退し、4月に小林勝(B、元SOY SAUCE SONIX、元Sads、クロマニヨンズ)、大古殿”FURUTON”宗大(Ds、元THE SPACE COWBOYS、元OBLIVION DUST、元MEGA 8 BALLサポート、元HYDE BAND、現在音楽活動から引退)が加入。大古殿は同年10月に脱退し、12月に風間弘行(Ds、元the fantastic designs、BRANCO)が加入。
2006年よりソロ活動を開始。以後、nilの活動と並行してライブ活動を行っている。
2010年、ピアノの佐藤統(opening)とドラムの梶原幸嗣(元REDЯUM、HUMAN TAIL)と、ベースレスの3ピースバンドTHE JUNEJULYAUGUSTを結成。
2011年、うつみようこ(元メスカリン・ドライヴ、元ソウル・フラワー・ユニオン、うつみようこ&YOKOLOCO BAND)を「代表取締役社長」、佐藤タイジ(THEATRE BROOK、TAIJI at THE BONNET、The SunPaulo)を「専務取締役」、高野哲を「常務取締役」と称する3ピースアコースティックバンド、インディーズ電力を結成。2014年9月、初のオリジナルアルバム「はじめての感電」をリリース。うつみようこは2015年4月、会長職へと勇退した。2017年、オレスカバンドのヴォーカル&ギター、iCasが「新社長」に就任。
2011年11月、Shibuya O-WESTで開催されたSAKURA主催ライブ「暗黒秋櫻」に元ZIGZOの4人が出演。サプライズでZIGZOとして演奏し、ライブ、ツアーを行った後、2012年10月、アルバム“THE BATTLE OF LOVE”で日本クラウンより再メジャーデビュー。
2015年、nilの小林勝(B)、風間弘行(Ds)、THE JUNEJULYAUGUSTの佐藤統(Pf)、梶原幸嗣(Ds)と5ピースロックバンドTHE BLACK COMET CLUB BANDを結成。

iCas  オレスカバンド公式Web
2003年大阪にてオレスカバンドを結成、2006年にはメジャーデビューを果たす。
2017年にはインディーズ電力2代目社長に就任。
DJや作曲家としても活動中