2018/02/22(Thu) Rock & Blues Session(参加型)谷川史郎・松川純一郎・栃原優二・ゴボー鈴木   NEW!!


お久しぶりね!谷川史郎&松川純一郎の参加型セッション!

HOST

谷川史郎 (Gt)
松川純一郎 (Gt,Vo)
栃原優二 (Ba)
Goboh鈴木 (Dr)

ABOUT

2018/02/22(Thu)
OPEN 19:00 / START 19:30
CHARGE ¥2,400(+1D)

豪華ホストと楽しめる参加型セッション!
※ギター・ベース・キーボード無料貸出あり、手ぶらでもOK。
ヴォーカル、ハープ、管楽器まで全パート参加大歓迎です!

Contact Us

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、定休日を除き、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

お問い合わせはこちら

VIDEO

MORE

谷川史郎 公式HP
1954年9月15日東京/武蔵野市生まれ。
ジャズ、クラシック、洋楽好きだった両親の影響により幼少から音楽に接し育ち、60年代ポップス、ヴェンチャーズ、ビートルス、ストーンズ、GSなどに触発され中学1年でギターを手にし学友とバンドを結成!ギタリスト人生をスタートさせる。
当時のヒーローはノーキー・エドワーズだったが、ヴェンチャーズ・ブームに次いでやってきたビートルズなどのブリティッシュ・ロック/POPに強く影響を受け、特に高校時代に見にいったフリーそしてレッド・ゼッペリンに強く影響を受ける。・・現在もレス・スポールがメインなのは確実にその影響である・・

高校在学中17歳より米軍キャンプ横田基地内の兵隊を中心としたバンドに加入、基地内のクラブなどでプロとしての活動を開始。また自己のバンド「オレンジサンシャイン」(〜1976)を結成、地元コンサート、ポプコン参加など活動の後「バレリーナ」に参加、77年にローランドからの世界初となるGRギター・シンセサイザーのデモ・プレープレーヤーとして全国を廻る、また東京12CH[ロックおもしロック」CM,出演などで,その名が広く知られる様になる。

以降Butter Dogなど自己のバンド活動と平行しフリーランスのギタリストとして数多くのステージ、レコーディングなど幅広く活動している。現在は、WASABI SIX(大久保治信:key 堀尾忠司:b David Juteau:Vo.gt 平山純枝:cho 山田達也:dr.)でのバンド活動、セッション・ギタリストとして精力的に活動中

松川純一郎
1980~ Heavy Metal Band “SabbraBells”に参加。
1987~”SabbraBells”を脱退 “Emotion”を立ち上げ、同キングレコードからアルバムリリース。
1988~プレイヤーとしての一線を退き、山岸潤史氏のバンドボーイとなる。
1989~Johnny Winterのライブに衝撃を受け、再びプレーヤーの道を目指す。
1993~師匠から独立、音楽活動を本格的に再開。
古澤良治郎、坂田明、本田竹広、日野元彦(敬称略、以後も同様)を始めとして様々なJazzセッションに参加、、
以降、永井隆 近藤房之介 入道 etc Blues系
村上ポンタ秀一 難波弘之 土岐英史 神崎ひさあき 和田アキラ 森園勝敏 etc あらゆるジャンルのmusicianとの共演。
田原俊彦 工藤静香、、、歌謡界のサポートミュージシャン。
近藤房之介 the Grub Street Bandに参加。
StuffのベーシストGordon Edwards& Baby Fusaの日本Tour、ライブレコーディングに参加。
1997~リットーミュージックより教則ヴィデオ”たたかうリズムギター” 発売
故 古澤良次郎氏プロデュース ” ASH featuring 松川純一郎” 発表
1999〜2002 Johnny吉長Drと活動をともにする。
” Flat Out” 鮎川誠 加部正義 Johnny吉長 らとEdger Winter & Rick Derringer 日本公演のオープニングアクトを務める。
2008〜2010 New Orleansと東京で活動~自己のBand ” Lowblow” 松是Super Sessionを始め数多くのギグをやりながら、ギター教室での後進の指導、自宅のある品川区内の児童館でのクリニックなど様々な活動をしている。
2011〜 年間200本を超えるライブをこなす。
嶋田吉隆 Dr Vo 澤田浩史 B Vo とのSMS、伊藤広規 Ba 窪田晴男 Gt 岡井大二 DrとのKoki Tetragon、満園庄太郎 Ba 満園英二 DrとのCHEMICAL REACTION etc 数えきれないバンドを率いて増々勢力的に活動。

栃原優二
1982年 大沢博美&Boogie Brothersでデビュー
1985年 フリーミュージシャンに転向
2005年 『竹田和夫CREATION 2005』のメンバーとして『CROSSOVER JAPAN 2005』のステージに立つ。
その後も数々のアーティストをサポート。
ゴダイゴの浅野孝己率いるTAGCなど様々なバンドやセッションで精力的に活動中!

ゴボー鈴木 公式HP
1969年フラワーパワーを結成。横浜や東京のライブハウス、ディスコで演奏活動を始める。
1973年スラッピー・ジョーに参加、中山ラビ、遠藤賢司、亀渕友香のバッキングを務める。中山ラビ「ひらひら」、遠藤賢司「KENJI」のアルバムに参加。
1977年~1995年猪俣猛のR・C・Cでドラムの講師を努める。また1977年からはフリーとなり加藤登紀子、小室等、杉田二郎、吉田美奈子、かしわ哲、川島康子、芳本美代子、本田美奈子(TV)、しゅうさえこ、遠藤京子、麻倉未稀、藤田詩織、Mio、北川哲、佐藤恵美、徳永英明、などのバッキング及びレコーディングにドラム・パーカッションで参加。
なぎら健壱のレギュラーバンド、オウン・リスクに1995年「25執念ライブ」から参加。
新井武士(b.)タメ-庄司厚人-(vo.gt.)、とのバンドZZ’Zをはじめ、現在もライブ・セッションなど精力的に活動中。