2018/07/27(Fri) Chemical Reactions (松川純一郎・満園庄太郎・満園英二)   NEW!!


Blues,Classic Rock,Hard Rock全てを昇華した最強トリオが都内初登場

ACT

Chemical Reactions
松川純一郎 (Gt,Vo)
満園庄太郎 (Ba,Vo) 初出演
満園英二 (Dr)

ABOUT

2018/07/27(Fri)
OPEN 19:00 / START 20:00 2stages
予約 ¥3,000(+1D) 当日¥3,500(+1D)

イベント以外のワンマンライブでは初、そして現体制となってからも初となる東京公演!
松川純一郎×満園ブラザーズ(WILD FLAG,KATAMALI etc)が魅せる強烈な化学反応
現在活動中の松川純一郎のバンドとしては、ブルースはもちろん最もヘビーなロックを聴かせるトリオ。

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

本公演はご予約をいただいた順にこちらでお席指定させていただきます。
当日並んだ順での自由席でのご入場ではありませんので、ご注意くださいませ

 

MOVIE



MORE

松川純一郎
1980~ Heavy Metal Band “SabbraBells”に参加。
1987~”SabbraBells”を脱退 “Emotion”を立ち上げ、同キングレコードからアルバムリリース。
1988~プレイヤーとしての一線を退き、山岸潤史氏のバンドボーイとなる。
1989~Johnny Winterのライブに衝撃を受け、再びプレーヤーの道を目指す。
1993~師匠から独立、音楽活動を本格的に再開。
古澤良治郎、坂田明、本田竹広、日野元彦(敬称略、以後も同様)を始めとして様々なJazzセッションに参加、、
以降、永井隆 近藤房之介 入道 etc Blues系
村上ポンタ秀一 難波弘之 土岐英史 神崎ひさあき 和田アキラ 森園勝敏 etc あらゆるジャンルのmusicianとの共演。
田原俊彦 工藤静香、、、歌謡界のサポートミュージシャン。
近藤房之介 the Grub Street Bandに参加。
StuffのベーシストGordon Edwards& Baby Fusaの日本Tour、ライブレコーディングに参加。
1997~リットーミュージックより教則ヴィデオ”たたかうリズムギター” 発売
故 古澤良次郎氏プロデュース ” ASH featuring 松川純一郎” 発表
1999〜2002 Johnny吉長Drと活動をともにする。
” Flat Out” 鮎川誠 加部正義 Johnny吉長 らとEdger Winter & Rick Derringer 日本公演のオープニングアクトを務める。
2008〜2010 New Orleansと東京で活動~自己のBand ” Lowblow” 松是Super Sessionを始め数多くのギグをやりながら、ギター教室での後進の指導など様々な活動をしている。
2011〜 年間200本を超えるライブをこなす。
嶋田吉隆 Dr Vo 澤田浩史 B Vo とのSMS。伊藤広規 Ba 窪田晴男 Gt 岡井大二 DrとのKoki Tetragon、満園庄太郎 Ba 満園英二 DrとのCHEMICAL REACTION etc  数えきれないバンドを率いて増々勢力的に活動。

満園庄太郎 公式web
89年大学在学中にギタリスト山本恭司氏に認められ、“WILD FLAG”を結成、プロデビュー。当時、このリズム隊の強烈なステージアクションに『怪獣兄弟』との、異名もついた。93年までに3枚のアルバムと数々のライブを行う。
95年メンバーチェンジ後、再び山本恭司氏率いる、新生“BOW WOW”に兄の英二(ドラマー)と共に加入。97年までに2枚のアルバムをリリース。
97年から98年にかけては“橘高文彦(筋肉少女隊)”、“原田喧太”、“川村かおり”、“TWINZER”等のロック系から、さらにジャズ系のミュージシャンに至るまで、幅広くセッション・ベーシストとして数々のライブ&レコーディングを行なう傍ら、自らも“EXCITE 3”というバンドを結成。
99年にはB’zのアルバム「Brotherhood」レコーディング参加をきっかけに、その年のツアー「LIVE-GYM ’99 Brotherhood」にも参加。 その後もアルバム「B’z The Mixture」「ELEVEN」のレコーディングや、ツアー「LIVE-GYM 2000 Pleasure」「LIVE-GYM 2001 ELEVEN」に参加。
2002年は自身のバンドflower(のちにflow-warと改名)でデビュー。シングル3枚、アルバム2枚を発表。
数々のセッションから培った幅広いベースプレイと、スピリッツ溢れるアグレッシブなステージ・プレイが魅力のベーシストである。

満園英二 公式BLOG
山本恭司、満園庄太郎とともに1989年WILD FLAGを結成し、デビュー。その後、新生BOWWOWへと発展したが、脱退し、BOWWOWの前任ドラマーだった新見俊宏に継いだ。
清春率いるバンド、黒夢のサポートとして活動したこともあり、2001年にSADSに加入したが、2003年8月に体調不良を理由に脱退した。
2004年、ZIGGYの森重樹一と戸城憲夫、SADSとして共に活動した坂下たけともとThe DUST’N’BONEZを結成。2011年1月に森重の脱退により活動休止。
2007年、BREAKERZのアルバム「CRASH & BUILD」のレコーディング参加を経て、戸城、石井ヒトシらと再結成したTHE SLUT BANKSのドラマーとして活動。
音楽学校メーザー・ハウスのドラムス科の講師を務めている。(また、満園庄太郎は同校のベース科の講師を務めている)
2013年2月、THE SLUT BANKSを脱退。
松川純一郎・満園庄太郎とのCHEMICAL REACTIONS、Keiko Walkerのサポート、満園兄弟、和楽器とのコラボなど、その活動はロックにとどまらず多岐にわたる。

WILD FLAG (1990-現在)
EXCITE 3 (1994-2006)
BOWWOW (1995-1997)
黒夢 (1998-1999) ※サポート
人時PIRANHAHEADS (1999-2001)
SADS (2001-2003)
The DUST’N’BONEZ (2003-2011)
THE SLUT BANKS (2007-2013)
森重樹一 (2010-現在) ※サポート