2018/07/20(Fri) Bayside Rockin’ Traveling Band(TAD MAEDA・西村ヒロ・Tsuyoshi.O・栃原優二・山市修也)   NEW!!


港町神戸生まれのブルースロックバンド凱旋公演

ACT

Bayside Rockin’ Traveling Band
TAD MAEDA Gt,Vo 初登場
西村ヒロ Hrp,Vo
Tsuyoshi.O Gt,Vo
栃原優二 Ba
山市修也 Dr

ABOUT

2018/07/20(Fri)
OPEN 19:30 / START 20:00 2stages
予約 ¥3,000(+1D) 当日¥3,500(+1D)

2018年4月に東京ミュージシャンチーム(TAD,西村,Tsuyoshi,山市)が、盟友・山下賢一<BUKEN>のホームである神戸にツアーを敢行
その時のセッションバンドを母体とし、ベースに栃原優二を迎え、Bayside Rockin’ Traveling Bandと新たに西村ヒロが命名、堂々たる凱旋公演がここに決定!
極上のブルースロックをお楽しみください!

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

VIDEO

 

 

 

MORE

西村ヒロ 公式Web
1984年 12月、シカゴに降りる。半年間、ブルース・クラブで、セッションなどを通して学ぶ。Billy Branchに代わってのライブもしばしば行う。
1986年 東京で活動開始。在日黒人ブルース・マン、Hitide Harrisのバンドに参加。
1995年 リズムエコー社より教則本「西村ヒロのブルース・ハーモニカ・メソード」を出版。
1996年 Homeless Heart(Epic Sony)への曲の提供と共にニューヨーク・レコーディングに参加。
1996年 大口ひろしProject(ルイズルイス加部:Gui.鈴木ミチアキ:Bass、大口ひろし:Ds.)に参加。
1997年 遠藤ミチロウ(ex.スターリン)とのデュオ:JINJINで活動。ミュージックビデオ「GREENED」に出演。
1998年 本人率いるファンクなブルース・バンドのCD「HooDooBooze Live」をVivid Soundよりリリース。
芝居「ホームレス・ハート」(水谷竜二:監督)で「頭のイカレタ元ミュージシャンのホームレス」という役で出演。
2000年 CD付き教則本「西村ヒロのブルース・ハーモニカ・メソード」出版。
ロック・バンドの芝居「ブラインド・ビート・ストーリー」(和田憲明:脚本、高橋和也:主演)でもバンド・マスターの役で出演。
ピアノとハーモニカのインスト・デュオ・アルバム「Double Hat」(UCHIDA MOTORS UM-003)リリース。
俳優:高橋和也をボーカルとするロック・バンドのCD「kazuya Takahashi With Nervous Circus」(NIPPON CROWN CRCP-20257)リリース。
2001年、教則本「ブルース・ハープの基礎」をリットー・ミュージックより出版。
弘兼憲史:原作、富岡忠文:監督の映画、黄昏流星群「星のレストラン」(全国公開及びテレビ放映、ビデオ・DVDリリース)の作曲、演奏を担当。
2002年 CD付き教則本「吹けるブルース・ハープ」をリットー・ミュージックより出版。
2003年 TV・CM焼酎「白岳」の作曲と演奏を担当。
2004年 全日本ハーモニカ連盟「特別賞」受賞。
2006年 教則本「西村ヒロのブルースハープ・メソード」をリットー・ミュージックより出版。
2007年 新橋演舞場で公演された中村獅童/主演の「森の石松」にて劇中演奏曲のアレンジ及び、役者さんへの楽器演奏指導を行う。最終日は演奏出演。
2010年 シアターコクーンにて上演された芝居「相対的浮世絵」の劇判をハーモニカのみによる演奏録音。

現在、F.I.H.JAPAN(世界ハーモニカ連盟日本支部)ハーモニカ・コンテストのブルース/ポップ&ロック部門で審査委員を務める。
ミュージック・スクール「Oto-ya Company of Creators」にて講師を務める。
SPEED、中村雅俊らのタレントやミュージッシャンへの演奏の指導の経験もあり。
その他、TVCM、ラジオCM、NHK及び民放ドラマ等などのレコーディングとライブ演奏を中心に活動。

Tsuyoshi.O  公式Web
1991年上京、オーディションをきっかけにプロギタリストのキャリアをスタートさせ、様々なライヴやレコーディングに参加。
2000年、ハーレーダビッドソンとアメリカンロックをテーマにしたバンド“Wild Rolling-K”のメンバーとして参加し翌年メジャーレーベルよりCDデビュー。 ハーレーに跨り、日米を股に掛けた活動で注目を集めるも、2003年に解散。
2007年、ギターインストゥルメンタルのソロアルバム制作に着手。 同年9月、自身が主宰するインディペンデントレーベル”GEMSTONE MUSIC”を発足。 10月にはTsuyoshi.Oファーストソロアルバム【Chaos~カオス】を自社レーベルよりリリース。
2008年以降は数多くのミュージシャンとのセッションワークを活発化させる中、新人アーティスト”美菜実”, ”B.B.ELISA” (SVAC/Columbia)等の音楽プロデュースを担当。 また、ミクスチャーロック・ユニット”PSYCHEDELIC ROSE”を結成し、都内ライブを中心に活動を展開。
2011年、矢沢永吉アルバム『ONLY ONE~touch up~』、矢沢洋子アルバム『Give Me!!』のレコーディング参加、舞台『2069』のサウンドプロデュースetc…スタジオセッションワークを精力的に行う。
2012年、ユニット“PSYCHEDELIC ROSE”が、ミニアルバム【Psychedelic Rose】を5月にリリース。 同年10月、サウンドプロデュースを手掛けギタリストとして参加した水口”PITPI”晴幸(ex.COOLS)ソロ第4弾アルバム【Dear.Cool Japan】(ripple records)が発売。
~現在~ 自身のリーダーバンド“Tsuyoshi.O Trio”、水口晴幸率いる“Normal Parts ” 、その他様々なセッションライヴ、レコーディング、プロデュースワークを中心に精力的に活動展開中。

栃原優二
1982年 大沢博美&Boogie Brothersでデビュー
1985年 フリーミュージシャンに転向
2005年 『竹田和夫CREATION 2005』のメンバーとして『CROSSOVER JAPAN 2005』のステージに立つ。
その後も数々のアーティストをサポート。
ゴダイゴの浅野孝己率いるTAGCなど様々なバンドやセッションで精力的に活動中!

山市修也
小学校高学年より、ラジオでビートルズを聴いたことをきっかけに音楽に興味を持ち、当初は福岡は博多にてロックベーシストとして活動後、ドラマーに転向。
上京後も多くのセッションライヴを重ね、1990年後半には国内外の著名アーティストのサポート、参加した海外アーティストを始め、プログレッシヴ・メタルバンドのアルバムが相次いでワールドワイドにリリースされ、参加したライヴの音源が収録されている国内のミクスチャーユニットのマキシシングルがインディーズチャートにてオリコンNo.1を記録する.
現在もビートルズトリビュートバンドや、自己のブルースロックユニット(TEXAS COLONY)を始め、カホンを中心にシャンソンやアコースティックのソロアーティストのサポートを行うなど、ジャンルの幅を超えて活動中。