2020/12/23(水) Dawn Breaks(中野新哉/八島順一/平山純枝/栃原優二/山市修也)


このバンドのオリジナル曲もやります!

ACT

Dawn Breaks

中野新哉 Gt.Vo
八島順一 Gt (ex.HOUND DOG) 
平山純枝 Vo
栃原優二 Ba
山市修也 Dr

ABOUT

2020/12/23(Wed)
OPEN 19:30 / START 20:00
Charge ¥3,000(+1D)
人数制限あり、ご予約優先となります

70年代ロックを中心に、邦楽・オリジナルまで、重厚な演奏でお届けいたします

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

お問い合わせはこちら

MOVIE

 

MORE

中野新哉 公式BLOG
1980年 元バニーズ・黒沢博(後のヒロシ&キーボー)のバックバンドにギタリストとして参加。
同年、村田和人のバンド「アーモンドロッカ」に参加。
1982年 vapレコードからデビューした某二人組アーティストのレコーディングに参加。アルバム全曲のギターを担当。ライブ、ツアーにも参加。
1985年 ブレッド&バターのツアーメンバーとして参加。
1986年 歌手「刀根真理子」のツアーメンバーとして参加。
1987~2001年 元タイガース「加橋かつみ」のバックバンドに参加。
1997~2000年 ギタリスト Char氏と共演。
1997~2003年 アメリカのカントリーシンガーR.B.STONEのバックバンドに参加。日本各地の米軍基地で公演。
1999年 ベンチャーズと共演。
2001年 ギタリスト「成毛 滋」、ピアニスト「深町 純」、「つのだひろ」等などとも共演。
2001年~ フォーリーブスのツアーバンドに加入。
2007年~ 「クリスタルキング」のバックバンドに参加。元キャロルのギタリスト内海利勝氏、元ダウンタウンブギウギバンドのギター蜂谷吉泰氏らとライブセッションを繰り返す。
2005年 4人組バンド「JAIL FISH」でCD製作。
スライドギターの名手として知られ、その後も、ソロ活動、クリスタルキングのサポート、小野秀夫・倉本巳典との「らくだのむれ」、松川純一郎・尾形慶次郎・岡井大二(ex四人囃子)・小野秀夫・Hamayanとのオールマントリビュート等、多岐にわたり活躍中。

八島順一
東北学院大学在学中に、大友康平らが結成したHOUND DOGに参加。1980年のプロデビュー以後は、蓑輪単志とともに多くの曲を作曲した。
HOUND DOG以外の活動としては、作曲者として沢田研二に「恋なんて呼ばない」など数曲を提供している。また、1997年 – 1998年には後藤次利、田原音彦らとユニットNEO-BARBARIANを結成し(ボーカルとギター担当)、シングルとアルバムを1枚ずつ発表した。
現在もセッションバンドなどで精力的に活動中。

平山純枝
5歳の頃より。バンドマン(ピアノ)だった父に、ミュージカル映画に連れて行かれミュージカルを目指す。
15歳よりバンド活動を始め、コンテストで、数々の賞を獲得をきっかけに、ボーカルへの道へ。大阪でバンド活動を経て20歳で上京後ディスコ、クラブでのハコバン等で歌い、音楽事務所でプロを目指すが、25歳で子育ての為活動を休止。
2006年より活動を再開し、2014年に松川純一郎に師事。
現在は、松川純一郎、北川 涼とのユニット『JR.純枝』松川純一郎と『純枝 the BAND』を中心に『デレク&ザ・ドミノストリビュートバンド』にコーラスで参加。
中野新哉、八島順一率いるDawn Breaks他、ソロでも活動中。

栃原優二
1982年 大沢博美&Boogie Brothersでデビュー
1985年 フリーミュージシャンに転向
2005年 『竹田和夫CREATION 2005』のメンバーとして『CROSSOVER JAPAN 2005』のステージに立つ。
その後も数々のアーティストをサポート。
ゴダイゴの浅野孝己率いるTAGCなど様々なバンドやセッションで精力的に活動中!

山市修也
小学校高学年より、ラジオでビートルズを聴いたことをきっかけに音楽に興味を持ち、当初は福岡は博多にてロックベーシストとして活動後、ドラマーに転向。
上京後も多くのセッションライヴを重ね、1990年後半には国内外の著名アーティストのサポート、参加した海外アーティストを始め、プログレッシヴ・メタルバンドのアルバムが相次いでワールドワイドにリリースされ、参加したライヴの音源が収録されている国内のミクスチャーユニットのマキシシングルがインディーズチャートにてオリコンNo.1を記録する.
現在もビートルズトリビュートバンドや、自己のブルースロックユニット(TEXAS COLONY)を始め、カホンを中心にシャンソンやアコースティックのソロアーティストのサポートを行うなど、ジャンルの幅を超えて活動中。