2021/07/07(水) 和佐田達彦SUPER JAM Vol.225(和佐田達彦/工藤恭彦/アタック松尾/寺田正彦)


スーパージャムは止まらない!

ACT

和佐田達彦 Ba
工藤恭彦 Dr 
アタック松尾 Gt
寺田正彦 Key

ABOUT

2021/07/07(Wed)
 OPEN 19:00 / START 19:30
Charge ¥3,300(+1D)

人数制限あり、ご予約優先となります
要請があった場合、お時間前倒しとさせていただきます。

ミュージシャンが楽器で遊び・語らう!緊張感溢れる完全即興の音世界、この日しかできない筋書きのない演奏をお楽しみに!

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

MOVIE

MORE

和佐田達彦
ハードコアFunkバンド“itachi”に参加、アマチュアながら関西音楽シーンで大注目される。
東京進出後バンド名を“TOPS”に変えメジャーデビュー。
その後“爆風スランプ”に参加。
現在は“X.Y.Z.→A”で活動しながら、フリーのミュージシャン、自身のレーベル代表、イベントプロデューサー等 多方面で活躍中。

工藤恭彦
16歳の時にLED ZEPPELINに衝撃を受けてDrumsを始め、Rock/Pops系のセッションDrummerとして各方面で今日に至るまで活動。
また、子供のころのヴァイオリンのレッスン経験で得た音感、和声感を活かして、 現在、歌謡曲系の楽曲のアレンジャーとしても活動中。

Drummerとしての共演及びレコーディング参加アーティスト
麻丘めぐみ、石井竜也、大月みやこ、門倉有希、Casey Rankin、田中雅之、田原俊彦、チェウニ、津久井克行、細川たかし。堀江淳、松崎しげる、和田光司 他多数

アタック松尾 公式web
小学生の時にクラシックギターを始め、中学生時代にロック、Black Musicに衝撃を受け、 エレキギターを手にする。
その後、ファンクに傾倒していき18才の時現オルケスタデラルスの初代メンバーらと共に 自らのファンクバンドATOMを結成。後、同バンドがデラルスとなるまで都内ライブハウス等で活動。
1986年より池田聡のツアーに参加したのを機に本格的にプロ活動を開始。 その後、森高千里のツアー、レコーディングに参加したのをきっかけに楽曲提供、アレンジ等を経験し、徳永英明、伊秩弘将、、瀬戸朝香、CHAKA、V6、J’Friends等 様々なアーティストのレコーディング、ライブ等の仕事をこなす。
最近ではJazztoronik、ゴスペラーズのレコーディングにも参加。
又、ギタリストしてだけでは無くアレンジャーとして『ダンスマニアシリーズ、スーパーユーロビートシリーズ等、 数々のダンス作品を手掛け、コンポーザー、プロデュース』活動の他、 サウンドデザイン、エフェクター開発や各種音楽データ制作にも携わる。

1996年にはLAに渡りマーカスミラー、マイケルホワイトらとレコーディング セッションを経験もする。
現在、音源制作やレコーディング等種々雑多な仕事に追われながらも、 サックスプレイヤー渡辺ファイアーとのFunkユニット【FireAttack】、 自身のFunkRockバンド【武装成金】、Funkバンド【StankyBooty】等で精力的にライブ活動中。

信条 「いかなるステージでも明日死んでも悔いの無い音を!」

寺田正彦 
学生時代よりプロとしての活動を始め、HangRaijiでキングよりデビュー。
平行して長渕剛、NoBody、Toshi(X Japan)、ピンクレディなど多くの国内アーティストのコンサート・サポートやレコーディング等を行い、海外においてもEW&F,MicaelJackson Band,Third World,Sly&Robbieらのメンバーたちと共演し、幅広い音楽に精通する
さらにイタリア人アーティストAlessandro Galatiのプロデュースや在スウェーデンのSteve Dobrogozのディレクションも行う。
現在は、自己のフランス語ユニットLa vie cherieやバスフルート奏者渡瀬英彦とのユニットBASUYAなどでも活躍中。