2018/08/17(Fri) BACA BACCA(長洲辰巳・内海利勝・松本照夫・森田恭一)   NEW!!


長洲辰三66歳バースデー!いくつになっても、ばかばかしいほど、ご機嫌でやんちゃ

ACT

BACA BACCA
 長洲辰三 Gt,Vo ex.宇崎竜童BAND
 内海利勝 Gt,Vo ex.CAROL
 松本照夫 Dr,Vo    ex.WEST ROAD BLUES BAND
 森田恭一 Ba          ex.ブレイクダウン

ABOUT

2018/08/17(Fri)
OPEN:19:30 / START 20:00
予約 ¥3,000(+1D) 当日¥3,500(+1D)

この日は長洲辰三66歳の誕生日となります。
誕生日プレゼントに限り、飲食物のお持込OKとなります。

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、定休日を除き、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

MORE

 

MORE

BACA BACCA 公式Web
新井武士(vo,b) 長洲辰三(vo,g) 内海利勝(vo,g) 寺本修(dr)の4人で自然発生的に結成されたロックばかども、BACA-BACCA(バカばっか)。心底ロックが大好き。その名のとおり、ばかばかしいほどご機嫌なやんちゃな大人のロックバンド。
2013年9月、初代ドラマーの寺本修に代わり、松本照夫が加入。
新井武士の北海道移住に伴い、森田恭一をベースに迎え新体制で精力的に活動中!

長洲 辰三 (Vo&Gt) 公式Web
60年代後半にバンドボーイからキャリアを始め、70年に「カーニバルス」(ジョニー吉長、ラッキー川崎、蜂谷ヨシヒロ)に加入。
その後様々なバンドで、ギタリスト、ベーシストとして活動し、81年には「宇崎竜童」ソロアルバムにベーシストとして参加。 以降「原田芳雄」や「陣内孝則」のバンドに参加するなど、数多くのアーティストをサポートする。
現在は自身のバンド「LOUSY」はじめ「BACABACCA」、「仙人MIRROR」、「SCRATCH」等で活動する傍ら、多数のミュージシャンとも活動を共にする。

内海 利勝 公式Web
1972年に矢沢永吉、ジョニー大倉、ユウ岡崎と共に「キャロル(Carol)」にリードギター/ボーカルで加入、一時代を築いたのちオリジナルアルバム5枚を残し1975年に解散する。
キャロル解散後は積極的にソロ活動を展開
1980年代に入ると、ソロアルバム≪陀打-DaDa-≫を日本コロムビアより発表したほか、内田裕也、宇崎竜童、原田芳雄のバックアップメンバーとして活動、同時にライヴ及びレコーディングにも参加する。
1990年代に入ると、「THE PLEASE(ジョニー大倉、高橋ジョージ、田中清人)」を経て、1997年に久々のソロアルバム≪FROM HERE≫発表。
2000年代に入るとさらにソロ活動を積極的に行う。
現在は、「BACABACCA」や「POUSSE-CAFE’」はもちろん、2012年に結成された「God’s Pink(万琳 はるえ、園畑 貴之、林美里)」のギタリストとして新たに活動を開始。
長洲辰三、HORIKEN、チェリーボーイズ、影山キタロウ 等々、数多くのアーティストの作品(CDアルバム)にギタリストとして参加。
また、音楽活動以外では、かわさきFM「内海利勝 LOVE & PEACE 同じ空の下から」(2011年~現在)においてパーソナリティーを務めるなど、近年は過去に無いほど多方面で精力的な活動をしている。

松本 照夫 (Dr&Vo)
京都で日本初の本格派ブルースバンドウエスト・ロード・ブルースバンドに参加、以後関西のブルース、ソウルブームを上田正樹とサウストゥサウス、ソー・バッド・レヴュー、ブレイク・ダウン、憂歌団、ウィーピング・ハープ・セノオと共に関西から全国に広がったブルースブームを支え、同年9月にはB・Bキング大阪公演のオープニング・アクトを務め、その後、本場数々のブルースマンとの共演、セッションを行い活躍する。
1975年 <BLUES POWER>,<WEST ROAD LIVE IN KYOTO>の名盤2枚を徳間ジャパン(バーボンレコード)より発表。
日本にブルースが定着したことを決定させた名盤として知られるかならず紹介される程のアルバム!同年カナダツアーをおこなう。
上田正樹のバンドに参加、以後は日本及び海外のメジャーミュージシャンのツアー、レコーディングに精力的に活動。
参加、共演作品は数多く特に代表的なところでは、忌野清志郎、鳴瀬喜博、三上寛、西岡恭蔵、森園勝利、ローリー・ベル、ハイタイド・ハリス、ロイ・ゲインズ、のアルバムレコーディングに参加、そしてステージ共演を希望するミュージシャンは、日本人、外国人を問わずに依頼多数である。
ギタリストの塩次伸二がステージで紹介した「日本で最高のブルースドラマーや!」はまさにその一言につきる。

森田恭一
ウエストロード・ブルーズバンド”と共に関西ブルーズ・ムーヴメントの核であった「ブルースハウスブルースバンド」<vo.入道g.服田洋一郎 b.森田恭一 dr.小川俊英>を原型に、入道の脱退後、近藤房之助が加わり伝説のバンド、ブレイクダウンとなった。その後、ドラムが岡地明(現在、岡地曙裕 吾妻光良&SWINGING BOPPERS)に交代し1986年まで活動を行った。現在もベテランから若手までセッションなど活動中。