2018/12/11(火) Koki Tetragon(伊藤広規/岡井大二/松川純一郎/窪田晴男)   NEW!!


湯島初参拝!テトラゴン2018年歳納め!

ACT

Koki Tetragon
伊藤広規 Ba 初出演
岡井大二 Dr 初出演
松川純一郎 Gt,Vo
窪田晴男 Gt 初出演

伊藤広規(山下達郎バンド)・岡井大二(四人囃子)・松川純一郎(ex.SABBRABELLS)・窪田晴男(パール兄弟)
四身一体、繰り出される音の洪水は聞く者、皆を魅了する最強のロック&ブルースバンドKoki Tetragonが遂に湯島に初登場!

ABOUT

2018/12/11(Tue)
OPEN 19:00 / START 20:00
予約 ¥3,800(+1D)
当日 ¥4,300(+1D)

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

当店は基本的に当日のご来場順でのご入場となっておりますが、ご予約を多数いただいた場合など、ご予約順で指定席とさせていただく場合もございます。
前列でご観覧ご希望のお客様はお早目にご予約いただきます様、お願い申し上げます。
指定席となった場合はこちらのページ、Twitter、Facebookにて前日夜までにご報告いたしますので、予めご了承くださいませ。

VIDEO

MORE

伊藤広規 公式web
1977 マジカルシティ(新川博Key 青山純Dr 牧野元昭G)でプロになる。
1979 山下達郎に出会い、現在まで、山下達郎に関する殆どのレコーディング、ライブ活動に携わる。
2005年にはminkのライブサポートで渡仏し、青山純と日本のミュージシャンで初めてパリコレクションでライブパフォーマンスをする。
現在までレコーディングを依頼された楽曲の数は2000曲を超え、ツアーライブサポートのステージも2000本を有に超える。日本屈指のベーシストと呼ぶ枠を超え、作曲 編曲 プロデューサー、自身の活動も精力的に活動中。
<レコーディング・ライブ ワークス>
山下達郎, 竹内まりや, 美空ひばり, 斉藤和義, 松任谷由実, 高中正義, 大滝詠一, 井上陽水, 大貫妙子, 中島みゆき, MIsia, mink, 今井美樹, 本田美奈子, 佐藤博, 小曽根真人, 喜納昌吉, 松原正樹, 森園勝敏, 柳ジョージ, ジョニー吉長, B’z, 財津和夫, 徳永英明, 甲斐よしひろ, 鈴木雅之, 小林旭, 松岡直也, 久石譲, 松たかこ, 鈴木トオル, 平井堅, SMAP, CHEMISTRY, TOKIO, TRF, Canae 他多数

岡井大二
「四人囃子」でデビュー。
自由奔放且つ音楽的なドラミングはプログレッシブなシーンでは欠かせない存在。
90年代にはL⇔Rのプロデューサーとしても辣腕をみせ、楽曲重視の制作活動に拘りを見せる。
東京おとぼけキャッツにも一時期在籍し、奔放な音楽性を生かしている。
御諏訪太鼓の継承者・西野恵を中心とした、和洋楽器混在のグループ。
黒沢健一・ホッピー神山と結成した3人組実験ポップス・ユニット「鼓絆(COHAN)」
森園勝敏とのRepublic Saxophoneなどでも活動。
若手のプロデュースも多く手がけて、マルチな才能ぶりを見せている。

松川純一郎
1980~ Heavy Metal Band “SabbraBells”に参加。
1987~”SabbraBells”を脱退 “Emotion”を立ち上げ、同キングレコードからアルバムリリース。
1988~プレイヤーとしての一線を退き、山岸潤史氏のバンドボーイとなる。
1989~Johnny Winterのライブに衝撃を受け、再びプレーヤーの道を目指す。
1993~師匠から独立、音楽活動を本格的に再開。
古澤良治郎、坂田明、本田竹広、日野元彦(敬称略、以後も同様)を始めとして様々なJazzセッションに参加、、
以降、永井隆 近藤房之介 入道 etc Blues系
村上ポンタ秀一 難波弘之 土岐英史 神崎ひさあき 和田アキラ 森園勝敏 etc あらゆるジャンルのmusicianとの共演。
田原俊彦 工藤静香、、、歌謡界のサポートミュージシャン。
近藤房之介 the Grub Street Bandに参加。
StuffのベーシストGordon Edwards& Baby Fusaの日本Tour、ライブレコーディングに参加。
1997~リットーミュージックより教則ヴィデオ”たたかうリズムギター” 発売
故 古澤良次郎氏プロデュース ” ASH featuring 松川純一郎” 発表
1999〜2002 Johnny吉長Drと活動をともにする。
” Flat Out” 鮎川誠 加部正義 Johnny吉長 らとEdger Winter & Rick Derringer 日本公演のオープニングアクトを務める。
2008〜2010 New Orleansと東京で活動~自己のBand ” Lowblow” 松是Super Sessionを始め数多くのギグをやりながら、ギター教室での後進の指導など様々な活動をしている。
2011〜 年間200本を超えるライブをこなす。
嶋田吉隆 Dr Vo 澤田浩史 B Vo とのSMS、伊藤広規 Ba 窪田晴男 Gt 岡井大二 DrとのKoki Tetragon、満園庄太郎 Ba 満園英二 DrとのCHEMICAL REACTIONS etc 数えきれないバンドを率いて増々勢力的に活動。

窪田晴男
近田春夫&ビブラトーンズを経て、80年代半ばサエキけんぞう、バカボン鈴木、松永俊弥と共に「パール兄弟」を結成。
作曲の他バンドサウンドの要として活躍。その活動中も坂本龍一のアルバムや海外ツアー、矢野顕子のアルバムツアー、EPOのアルバムツアーに参加し、多忙を極める。
「パール兄弟」を勘当(注:兄弟は解散できない)後はプロデューサー・アレンジャー・ギタリストとして活動。ファーストソロアルバム「FLYING NEW ASIAN」の発売と同時期に、90年「ピチカートファイブ」の小西康陽、「コーザノストラ」のプロデューサー桜井鉄太郎と共にFMヨコハマにて革命的番組「Girl Girl Girl」を開始。日曜19:00~の1時間番組内の音楽を毎週すべて新作書き録り下ろし続け、なんと2年余にわたるロングランを記録した。
2000年にこれらの作品群から抜粋したセカンドアルバム「ミッドナイトプリーチャー」を発表。
2003年、サエキけんぞうと2人でパール兄弟のNewアルバム「宇宙旅行」、DVD「真珠とモノクロ」をリリース。
2004年~2007年まで、朝日新聞夕刊紙上において、コラム「ツウのひと声」「時評圏外」を連載。好評を博す。
2010年12月、L.S.D.レコードよりボーナストラック5曲を加え、「新ミッドナイトプリーチャー」をリリース。
ライブ、レコーディングをはじめ、オーケストラとの協演でもその存在感は高い評価を得ている。