2019/03/15(Fri)Super Millions(松川純一郎/谷川史郎/小笠原義弘/満園英二)   NEW!!


湯島初、バンド名を冠しておよそ1年ぶりの帰還!

ACT

Super Millions
松川純一郎 (Gt,Vo)
谷川史郎 (Gt)
小笠原義弘 (Ba,Vo) 
満園英二 (Dr) 

ABOUT

2019/03/15(Fri)
OPEN 19:30 / START 20:00
予約 ¥3,000(+1D) 当日¥3,500(+1D)
2stages

ありそうでなかった最強カルテット、ライブを重ねさらにパワーアップ!

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

VIDEO

MORE

松川純一郎
1980~ Heavy Metal Band “SabbraBells”に参加。
1987~”SabbraBells”を脱退 “Emotion”を立ち上げ、同キングレコードからアルバムリリース。
1988~プレイヤーとしての一線を退き、山岸潤史氏のバンドボーイとなる。
1989~Johnny Winterのライブに衝撃を受け、再びプレーヤーの道を目指す。
1993~師匠から独立、音楽活動を本格的に再開。
古澤良治郎、坂田明、本田竹広、日野元彦(敬称略、以後も同様)を始めとして様々なJazzセッションに参加、、
以降、永井隆 近藤房之介 入道 etc Blues系
村上ポンタ秀一 難波弘之 土岐英史 神崎ひさあき 和田アキラ 森園勝敏 etc あらゆるジャンルのmusicianとの共演。
田原俊彦 工藤静香、、、歌謡界のサポートミュージシャン。
近藤房之介 the Grub Street Bandに参加。
StuffのベーシストGordon Edwards& Baby Fusaの日本Tour、ライブレコーディングに参加。
1997~リットーミュージックより教則ヴィデオ”たたかうリズムギター” 発売
故 古澤良次郎氏プロデュース ” ASH featuring 松川純一郎” 発表
1999〜2002 Johnny吉長Drと活動をともにする。
” Flat Out” 鮎川誠 加部正義 Johnny吉長 らとEdger Winter & Rick Derringer 日本公演のオープニングアクトを務める。
2008〜2010 New Orleansと東京で活動~自己のBand ” Lowblow” 松是Super Sessionを始め数多くのギグをやりながら、ギター教室での後進の指導など様々な活動をしている。
2011〜 年間200本を超えるライブをこなす。
嶋田吉隆 Dr Vo 澤田浩史 B Vo とのSMS。伊藤広規 Ba 窪田晴男 Gt 岡井大二 DrとのKOki Tetragon、満園庄太郎 Ba 満園英二 DrとのCHEMICAL REACTIONS etc  数えきれないバンドを率いて増々勢力的に活動。

谷川史郎 公式HP
1954年9月15日東京/武蔵野市生まれ。
ジャズ、クラシック、洋楽好きだった両親の影響により幼少から音楽に接し育ち、60年代ポップス、ヴェンチャーズ、ビートルス、ストーンズ、GSなどに触発され中学1年でギターを手にし学友とバンドを結成!ギタリスト人生をスタートさせる。
当時のヒーローはノーキー・エドワーズだったが、ヴェンチャーズ・ブームに次いでやってきたビートルズなどのブリティッシュ・ロック/POPに強く影響を受け、特に高校時代に見にいったフリーそしてレッド・ゼッペリンに強く影響を受ける。・・現在もレス・スポールがメインなのは確実にその影響である・・

高校在学中17歳より米軍キャンプ横田基地内の兵隊を中心としたバンドに加入、基地内のクラブなどでプロとしての活動を開始。また自己のバンド「オレンジサンシャイン」(〜1976)を結成、地元コンサート、ポプコン参加など活動の後「バレリーナ」に参加、77年にローランドからの世界初となるGRギター・シンセサイザーのデモ・プレープレーヤーとして全国を廻る、また東京12CH[ロックおもしロック」CM,出演などで,その名が広く知られる様になる。

以降Butter Dogなど自己のバンド活動と平行しフリーランスのギタリストとして数多くのステージ、レコーディングなど幅広く活動している。現在は、WASABI SIX(大久保治信:key 堀尾忠司:b David Juteau:Vo.gt 平山純枝:cho 山田達也:dr.)でのバンド活動、セッション・ギタリストとして精力的に活動中

小笠原義弘 公式BLOG
10歳の時、エルヴィスプレスリーをテレビで観てロックに興味を持ち始める。

学生時代は邦楽洋楽問わず聴き漁り、24丁目バンドのウィル・リーやドナルド’ダック’ダンから強く影響を受ける。

高校卒業後上京し活動。この頃はラリーグラハム、ジャコパストリアス、スタンリークラークから強く影響を受ける。

20歳の時に大阪に戻りバンド活動を再開。

24歳でCMソング等のレコーディングに参加し100曲以上のレコーディング。
この辺りからフレットレスも使用し始める。

多数のバンドを渡り歩き
1991年にThe Truth/Dead Or Aliveでインディーズデビュー。
1993年には39/Thirty Nineをリリース。
1995年にThe Savoy Truffle に加入。
1996年からアメリカツアーを始め、
1998年には1st album 『To The Higher Ground』 をリリース。

同時にセッション活動も開始。多数のアルバムレコーディング、サポートに参加。

<セッションアーティスト>
松浦善博・ジョニー吉長・めんたんぴん・菊田俊介・Nacomi・ichiro・Roger高橋・大谷令文・鈴木広美・吉田LEO隆・The Groove Line・Madam Ray・KEN KEN(RIZE)・ 中野督夫・湯川トーベン・金子マリ・日倉士歳朗・丹菊正和・岡本博文・Toshi Hiketa・マーティーブレイシー・Rolly寺西・Jesse・田村直美・北島健二・キナコ・山岸竜之介 etc…

満園英二 公式BLOG
山本恭司、満園庄太郎とともに1989年WILD FLAGを結成し、デビュー。その後、新生BOWWOWへと発展したが、脱退し、BOWWOWの前任ドラマーだった新見俊宏に継いだ。
清春率いるバンド、黒夢のサポートとして活動したこともあり、2001年にSADSに加入したが、2003年8月に体調不良を理由に脱退した。
2004年、ZIGGYの森重樹一と戸城憲夫、SADSとして共に活動した坂下たけともとThe DUST’N’BONEZを結成。2011年1月に森重の脱退により活動休止。
2007年、BREAKERZのアルバム「CRASH & BUILD」のレコーディング参加を経て、戸城、石井ヒトシらと再結成したTHE SLUT BANKSのドラマーとして活動。
音楽学校メーザー・ハウスのドラムス科の講師を務めている。(また、満園庄太郎は同校のベース科の講師を務めている)
2013年2月、THE SLUT BANKSを脱退。
松川純一郎・満園庄太郎とのCHEMICAL REACTIONS、Keiko Walkerのサポート、満園兄弟、和楽器とのコラボなど、その活動はロックにとどまらず多岐にわたる。

WILD FLAG (1990-現在)
EXCITE 3 (1994-2006)
BOWWOW (1995-1997)
黒夢 (1998-1999) ※サポート
人時PIRANHAHEADS (1999-2001)
SADS (2001-2003)
The DUST’N’BONEZ (2003-2011)
THE SLUT BANKS (2007-2013)
森重樹一 (2010-現在) ※サポート