2019/07/30(火)  和佐田達彦Super Jam vol.111(太田明/曽根一馬/都啓一)


今回も目が離せない一夜限りのジャムライブ

ACT

和佐田達彦 Ba
太田明 Dr
曽根一馬 Gt 
都啓一 Key 初出演

 

ABOUT

2019/11/30(Tue)
OPEN 19:30 / START 20:00
Charge ¥3,300(+1D)

和佐田達彦が御白いと思うミュージシャン、好きなミュージシャン、興味のあるミュージシャンを呼び集め、ミュージシャンが楽器で遊び・語らい・闘う!この日しかできない二度とない演奏と組み合わせ、そして緊張感溢れる音をぜひともご堪能下さい!

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

MOVIE

 

MORE

和佐田達彦
ハードコアFunkバンド“itachi”に参加、アマチュアながら関西音楽シーンで大注目される。
東京進出後バンド名を“TOPS”に変えメジャーデビュー。
その後“爆風スランプ”に参加。
現在は“X.Y.Z.→A”で活動しながら、フリーのミュージシャン、自身のレーベル代表、イベントプロデューサー等 多方面で活躍中。

太田明 公式Facebookページ
13歳でドラムを始め,14歳でバンド活動を始める。1988年『筋肉少女帯』でVAPレコードよりメジャーデビュー。1998年 脱退。この間にALBUM 15枚(Best Albumを含む)をリリース。以降は多数のアーティストのライブサポート・レコーディング等のセッションワークに参加する。2008年より自身のドラムスクールを立ち上げ現在に至る。

曽根一馬 公式web
16歳からギターを始め、2001年に米国バージニア州のShenandoah University Coservatoryへ入学、ジャズを専攻し同校を2006年卒業。その後レコーディングやライブ活動のためジョージア州アトランタへ移動し、日本へ帰国する2007年4月まで滞在。

日本の風景、季節、建物、出会った人々等をテーマにしたオリジナル曲を中心に、独自の音で心から弾き届け、表現している。

過去の活動経歴として、米大学在学中にBov Mintzer(saxophone).Zoro(drums).Duffy Jackson(drums),Gene Bertonicini(guitar)らとフェスティバル等で共演。
2001年からの4年間は”SUMMER MUSICAL THEATER”に出演。
また2003年には、選抜メンバーで西アフリカへ渡り4日間開催された”SAINT LOUIS JAZZ FESTIVAL” に出演。

2005年は、ライブとは異なった角度から音楽を伝えるプログラム、”JAZZ FOR JUNIOR”に参加し、子供達を対象に基本的なジャズのスタイル、奏法、歴史等を実際の演奏をふまえながら各地で教える。
2006年米国テキサス州で行われた”NORTH TEXASJAZZ FESTIVAL”に参加した際には、全米の数ある音楽大学の中からそれぞれ優れたソリストへ贈られるOutstanding Soloistを受賞。

都啓一  公式web
1995年、SOPHIAのキーボーディストとしてメジャーデビュー。
バンド活動の傍ら、数多くのアーティストのプロデュース、楽曲提供、アレンジ等を手掛け、映画、舞台、ドラマ、ニュース番組等へ劇中音楽の楽曲提供も多数行う。
2009年、ロックバンド「Rayflower」を結成。
2010年、デビュー15周年を記念したSOPHIAの全国ツアー直前に「ろ胞性リンパ腫」が発覚。ツアー終了後、SOPHIAは活動休止となる。闘病生活の末、2011年、寛解との診断を受ける。
2011年8月には日本武道館にてSOPHIAとして復活ライブを成功させた。 その後も精力的に活動を行っている。