2021/02/10(木) 和佐田達彦SUPER JAM Vol.270(和佐田達彦/太田明/アタック松尾/伊勢賢治)


スーパージャムは止まらない!

ACT

和佐田達彦 Ba
太田明Dr
アタック松尾 Gt
伊勢賢治 Sax

ABOUT

2021/02/10(Thu)
OPEN 19:00 / START 19:30
 ※時短要請によりお時間前倒しとなる可能性がございます。
Charge ¥3,400(+1D)

人数制限あり、ご予約優先となります

ミュージシャンが楽器で遊び・語らう!緊張感溢れる完全即興の音世界、この日しかできない筋書きのない演奏をお楽しみに!

RESERVED

ご予約の場合、お客様のお名前、人数(複数名様の場合、全員分)をご記入ください。当店からのメール返信をもってご予約完了となります。携帯等の場合、fabulous-guitars.comからのメールを受信できるよう設定してください。また、24時間以内に返信がない場合、迷惑メール等に振り分けられている可能性がございます。お手数ですが、再度ご連絡お願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら

MOVIE

MORE

和佐田達彦
ハードコアFunkバンド“itachi”に参加、アマチュアながら関西音楽シーンで大注目される。
東京進出後バンド名を“TOPS”に変えメジャーデビュー。
その後“爆風スランプ”に参加。
現在は“X.Y.Z.→A”で活動しながら、フリーのミュージシャン、自身のレーベル代表、イベントプロデューサー等 多方面で活躍中。

太田明 公式Facebookページ
13歳でドラムを始め,14歳でバンド活動を始める。1988年『筋肉少女帯』でVAPレコードよりメジャーデビュー。1998年 脱退。この間にALBUM 15枚(Best Albumを含む)をリリース。以降は多数のアーティストのライブサポート・レコーディング等のセッションワークに参加する。2008年より自身のドラムスクールを立ち上げ現在に至る。

アタック松尾 公式web
小学生の時にクラシックギターを始め、中学生時代にロック、Black Musicに衝撃を受け、 エレキギターを手にする。
その後、ファンクに傾倒していき18才の時現オルケスタデラルスの初代メンバーらと共に 自らのファンクバンドATOMを結成。後、同バンドがデラルスとなるまで都内ライブハウス等で活動。
1986年より池田聡のツアーに参加したのを機に本格的にプロ活動を開始。 その後、森高千里のツアー、レコーディングに参加したのをきっかけに楽曲提供、アレンジ等を経験し、徳永英明、伊秩弘将、、瀬戸朝香、CHAKA、V6、J’Friends等 様々なアーティストのレコーディング、ライブ等の仕事をこなす。
最近ではJazztoronik、ゴスペラーズのレコーディングにも参加。
又、ギタリストしてだけでは無くアレンジャーとして『ダンスマニアシリーズ、スーパーユーロビートシリーズ等、 数々のダンス作品を手掛け、コンポーザー、プロデュース』活動の他、 サウンドデザイン、エフェクター開発や各種音楽データ制作にも携わる。

1996年にはLAに渡りマーカスミラー、マイケルホワイトらとレコーディング セッションを経験もする。
現在、音源制作やレコーディング等種々雑多な仕事に追われながらも、 サックスプレイヤー渡辺ファイアーとのFunkユニット【FireAttack】、 自身のFunkRockバンド【武装成金】、Funkバンド【StankyBooty】等で精力的にライブ活動中。

信条 「いかなるステージでも明日死んでも悔いの無い音を!」

伊勢賢治 公式Web
東京で生まれ、幼少は京都で育つ。
中学より音楽を始め、中学高校と吹奏楽部へ。
中学の終わりからMICA Music Laboratoryで作詞・作曲・編曲などを学び土岐英史氏、藤陵雅裕氏らにSaxを師事。

この頃よりSaxの他にVocal、Percussion、Drums、管楽器全般、Piano、指揮法を始めほとんどの楽器に触れ、シンガーソングライターだけでなく制作者、プレーヤーとして経験を積む。

慶應義塾大学文学部図書館情報学科に在籍中よりコンピュータ関連にも精通。
在学時よりプロとして活動を開始し、シンガーソングライターはもちろん、プレーヤーとして多くのレコーディングやサポート、セッションなどに参加しSaxだけでなく、管楽器全般やPercussion、Background Vocal、Keyboardなど多くの楽器を担当するユーティリティープレーヤーとして活躍。

制作でも楽曲の提供やホーンアレンジ、ストリングスアレンジ、編曲などを行う。
また、指導者としても多角的な視点からの独特な指導法で人気を集め沢山の生徒を抱え、レッスンに来る生徒は後を絶たない。
Selmerを始めとするSax選定も行いその活躍は多岐にわたる。

Live Recording Sessionなどで共演させて頂いたミュージシャン(順不同・敬称略)
松任谷正隆、松任谷由実、ズボンドズボン、杉真理、本間正昭、David Sanborn(Sax)
ジョー・山中(Vo)、円道一成(Vo)、二井原実(Vo)、春畑道哉(Gt)、渡辺貞夫(Sax)、五十嵐公太(Dr)
深町純(Pf)、松原正樹(Gt)、村上ポンタ秀一(Dr)、つのだ☆ひろ(Dr)、納浩一(Bs)、新井武士(Bs)
桑野信義(Tp,Vo)、BBQ和佐田(Bs)、東郷昌和(Vo)、宮下智(Bs)、伊達弦(Perc)
坂口良治(Dr)、鮫島秀樹(Bs)、蓑輪単志(Key)、是永巧一(Gt)、高橋Jr.知治(Bs)
里村美和(Perc)、奥田やすひろ(Dr)、奥田健治(Gt)、鈴木達也(Dr)、宮崎裕介(Key)